患者さんの手術に対する期待値と成果
患者さんからみたレーシックの失敗とは?
レーシックで失明される患者さんはゼロということは、
患者さんの手術の成果に対する満足の度合いによって、
成功あるいは失敗という言葉で表現されていることになりますね。
満足度は個人差が大きいと思われますが。
 

そうなのです。実はそれが結構大きく違うのです。
要は期待値というものに結構な個人差があるのです。

全く問題がなさそうでも、あまりにも期待値が高い方がいます。
これはどの医療にも通じる話です。

それこそ老眼年齢なのに、「遠くも近くも裸眼でくっきり見えるようになる」
と思っている方には、やはり現実の期待値をきちんと教えてあげて、
そこで判断してもらわなければなりません。

眼鏡をかけている経歴が長くて、乱視を持っている方というのは、その辺の
理解が早いように思いますが。眼鏡を何度も替えてきた経験のある人なら、
先生が今おっしゃっているように、職業やシチュエーションで変わる
というのは本人が一番よく体験しているので、分かるはずではないでしょうか。

普通にいろいろな眼鏡をつくっている方でも結構微妙です。

いろいろとつくり替えている方は、
もちろん度数によってこれだけ違うというのは分かっているので、
理解していただけることは多いのです。

ただ、レーシックというのは、再手術は一応ありますが、
眼鏡みたいに度数をちょこちょこ変えられるものではないのです。

眼鏡だったら一回つくって、少し弱かったので強くしてもらうということができます。

ところがレーシックというのは、あまりにも落ちたときは再手術で対応しますが、
もう一段強い方が良かったというような微調整ができる治療ではありません。

そこは手術と眼鏡やコンタクトのような処方との違いということで、
理解しておいていただきたいのです。

 
手術の成果の「現実的な期待値」を患者さんに知ってもらう
結局は満足感というところにどう収束させていくかということですから、
説明も大事になるし、期待値をあまり上げるような言い方もできないのですね。

そうです。

われわれができることとしては、まず手術前に期待値を現実的なところにします。
これは手術前にやらなければ絶対に駄目なのです。

手術前に現実的な期待値にきちんとコントロールさせてもらうというのが一つと、
その期待値にできるだけ近い満足度の手術をするということです。

その距離感が、失敗か成功かという個人の差になってくるわけですね。

恐らくレーシックをやって失敗だったと思っている方の9割ぐらいがここなのです。
もちろん技術的な失敗もゼロではないとは思います。

 
Copyright © 2008-2013 レーシック|視力回復手術の体験談 All rights Reserved.