レーシックを検討している方に向けてアドバイスをお願いします。
今、レーシックで結構迷っている方もいると思うのです。
そういう方達に対して、何かメッセージあるいは伝えたいことはありますか。
 

私がよく言うのは、まず受診してほしいということです。
手術は別に受けなくてもいいので、まず来ていただきたいのです。

患者さんは当然素人なので、自分の理想や不安と、
現実に起こり得る満足度あるいはリスクとが懸け離れていることが多いのです。

その辺は実際、私たちに専門的な立場から見せてもらえるとお話ができます。

「5年ぐらいずっと迷って、ようやく決心しました」と言って来たら、
「厚みが少し足りないのでできません」というパターンも結構あります。

まず、安全に受けられるかどうかが分かるというのも一つの大きな収穫だと思います。
実際に来てもらって、こういうメリットやデメリットがあるということです。

デメリットが少ない人には、もちろんメリットをお話しします。

例えば老眼の話や、
「メリットばかりが見えているけれども、
こういうデメリットもありますが、大丈夫ですか」

ということもお話しさせてもらえます。

そうやってライフスタイルや年齢、その方の度数などで結構変わってくるのです。
今はほとんどのところで適応検査が無料でできるようになっています。

 
まずは、適応検査を受けて適正を知って下さい

検査を受けてもらって、納得がいかなければ、
そこですぐに手術をする必要もないと思うので、
まずは検査に来ていただきたいということです。

専門的な医師から見て、どういうメリット、デメリットがあるかを聞いて、
そこでゆっくり考えてもらった方がいいと思うのです。

私は資料請求をいくつかさせていただきましたが、
デメリットをきちんと書かれていたのは安田先生だけでした。

本当ですか?ご覧になりましたか。レーシックも一応医療です。
一般診療というのは普通そうですよね。
手術をするときに、何も言わずに手術をするところはありません。

「こういうリスクがありますけれども、
こういう病気なので、手術をさせていただきます」

となるので、当然だと思っているのです。

小さい白黒の冊子を見て、患者さんのことを
本当にきちんと考えられているのだなという気がしました。
安田先生、今日はお忙しい中、時間を割いてまでインタビューに応じて頂き、
本当にありがとうございました。
 
Copyright © 2008-2013 レーシック|視力回復手術の体験談 All rights Reserved.