器具が高価=手術料金 ではありません
術式によるレーシックの料金の違いについてお伺いします。
クリニックではいろいろな名称の術式がありますが、
基本的には器具が良くなれば高くなるということでしょうか。
 

それは少し違う部分もあります。

なかなか難しいのですが、一部のクリニックでは、
自分たちが売りたいコストの安い手術を、
高い料金に持ってきて勧めているようなところもあります。

それが悪いかどうかは別としてです。

うちにも手術の種類は幾つかありますが、
どうやって金額を決めているかというと、
単純に掛かるコストなのです。

レーザーを使うと料金が発生したりするアイデザインレーシックなどは、
さすがに料金を高くさせていただかなければいけないというところで、
高くしていたりします。

そのように掛かるコストで、高ければ高いほどいいというものではないのです。

ただ単純に掛かるコストで決めているところもあるし、
中にはそれを逆転させて、売りたいものを高くしているところもあります。

 
「料金が高い術式=良い結果」とは限らない

私は、来た患者さんにいつも言っているのは、

「高いものイコール全員にとっていいものではない。」

「合う、合わないがあるから、
取りあえずいろいろなクリニックに行って聞けばいいと思う。」

「しかし、高いものだけを勧めてくるところは、
多分患者さんのことを考えていないから、やめた方がいい。」

ということです。

私もこういう理由で、
「誰々さんは逆にこちらの方がいいですよ」
と言って、料金でいうと1段階安いものをお勧めすることも結構あります。

それは、そちらの方が良い結果が出ると思ってお勧めしているわけです。

 
Copyright © 2008-2013 レーシック|視力回復手術の体験談 All rights Reserved.