レーシックの適正な料金の目安
レーシックの料金についてお伺いします。
率直にお伺いすると、
レーシックの料金が高い、安いという基準のことです。
患者側から見れば、
ある病院とある病院を比べるぐらいでしか値段の差が見られません。
 

これについては、なかなか難しいですね。

結局われわれからすると、まず妥当な金額というのは、
医療も一応、商売ではないですけれども、経営があります。

したがって結論としては、
健全なクリニック運営が成り立つのが妥当な金額ということになります。
そうなったときに、クリニックのスタイルというものはいろいろです。

うちみたいにレーシック専門のところもあれば、一般診療を行いつつ、
レーシックも一緒にやっているところもあります。

それを横一列に並べて、高い、安いとはなかなか言えない部分があるのです。

ただ、日本国内で今レーシックの料金として妥当なところは、
両目で20万円から30万円ぐらいが一般的ではないでしょうか。

高額な手術費というのがもしあるとしたら、どのくらいの金額でしょうか。
逆に、安いという場合はどういう価格帯で、
なぜそういう価格にできるのでしょうか。

40万円以上は少々高額ではないかと思います。
逆に10万円以下になると、少し安過ぎるといったら何ですが。

その値段で大丈夫か?ということでしょうか。

実は10万円以下の方には少々からくりがあります。
表示はしているけれども、やっていないクリニックが結構あるのです。

 
あまりにも安い価格は「客寄せ価格」のケースも
そうした価格表示は、客寄せ的なものなのでしょうか?

そうです。

7万幾らと表示していて、行くと、
「これは昔の手術だから、30万円のものを受けましょう」
と言うところもあるのです。

客寄せに使っているところもあるのだそうです。

どことは言えないけれども、そういうこともあるのですね。

そうです。
だから患者さんもそれは分かっています。

例えば、うちも8万円が一番安いのですけれども、
希望があったらやるようにはしていますが、
希望する人自体が少ないのです。

やはり20万円前後というのが最新の器械を使うということを
患者さんも理解されているので、希望者自体があまり居ないのです。

 
Copyright © 2008-2013 レーシック|視力回復手術の体験談 All rights Reserved.