イントラレーシックの手術概要

レーシック(LASIK)は、「角膜の表面をごくわずかに削り、
レーザーを照射して屈折異常を矯正する手術」です。

レーシック後はピントがきちんと合い、個人差もありますが、
裸眼の視力が1.0~2.0まで回復します。

まずは、眼のふた「フラップ」を作る

レーシックの特徴のひとつは、角膜にレーザーを照射する前に、
精密機械やレーザーを使って、角膜の一部を薄くめくることから始まります。
めくられた部分を「フラップ」と呼びます。

フラップ作成時は、完全に切り離さずに一部つながった部分を残しておき、
レーザー照射後フラップは再び元に戻されます。
フラップ作成中、眼球は吸引圧で固定されています。

レーシックの「フラップ生成」

マイクロケラトームによるフラップ

通常のレーシックでのフラップ生成は、マイクロケラトーム
という鉋(かんな)のような精密機械を使って、
角膜の一部を薄くめくります。
この作業は、かなりの割合で医師の執刀技術に依存します。

イントラレーシックの「フラップ生成」

イントラレーシックでは、フラップ作成時にマイクロケラトームは使用しません。

イントラレーザーによるフラップ

平面ガラスのついたアタッチメントを角膜に吸引固定して、
その上からイントラレーザーを照射します。
エッジ面が直角~台形状に作られるため、レーシックと比べると
フラップのズレやシワが起こりにくい構造に仕上がります。
イントラレーザーの種類について

レーシックによるフラップ
レーシックのエッジ
フラップ周囲の切り込みが鋭角な形状になっているため、術後の固着状態が不安定。
イントラレーシックと比べると、シワやズレが起こしやすい状態になっている。
イントラレーシックによるフラップ
イントラレーシックのエッジ
フラップの切り込みが台形なため、マンホールのふたを戻したような状態で安定している。レーシックと比べるとフラップ厚を
およそ60μm程度薄くできる。

レーシックの流れ

レーシックの流れイメージ

①点眼麻酔 ②マイクロケラトームでフラップ作成 ③フラップをめくる
④エキシマレーザー照射・フラップを戻す ⑤抗生剤点眼

イントラレーシックの流れ

イントラレーシックの流れイメージ

①点眼麻酔 ②イントラレーザーでフラップ作成 ③フラップをめくる
④エキシマレーザー照射・フラップを戻す ⑤抗生剤点眼

角膜厚によるレーシックの制限

角膜の厚さは一般的に0.5mm~0.7mmで、フラップの厚さはレーシックでは160μm、
イントラレーシックでは100μmまで薄くすることが可能です。

フラップ下の部位(角膜ベッド)は250μm以上残さなければならない国際基準があり、
この条件をクリアできるかどうかがレーシックの可否を決める要素となります。

角膜厚:500μm 切除厚100μmのケースでは

レーシック イントラレーシック
フラップ厚 160μm 100μm
角膜切除厚 100μm 100μm
角膜ベット 240μm<250μm 300μm>250μm
手術の可否 不可 可能

上記レーシックの例は「手術不可」のケースですが、同じ度数の矯正をした場合、
イントラレーシックであれば角膜が60μm厚くなるため、「手術可能」になります。

私の場合、どちらの治療方法も可能でしたが、安定したフラップ面の形成によって、

  • フラップ面にスジが残らない
  • 夜間もクリアな視力が得られる
  • より安定した視力が得られる

という説明を受けていましたので、スーパーイントラレーシックを選択しました。

イントラレーシック 人気のクリニック一覧

SBC新宿近視クリニック
SBC新宿近視クリニック 東京(新宿・銀座)横浜・大阪
イントラレーシックplusWeb会員価格 19.3万円5年間保証
iFSカスタマイズド
イントラレーシック
Web会員価格 23万円5年間保証
品川近視クリニック
レーシック 東京・札幌・名古屋・大阪・福岡
プレミアムイントラレーシック9.2万円10年間保証
トリプルR
イントラレーシックアドバンス
15.8万円12年間保証
錦糸眼科
レーシック 東京(新宿、中目黒)・札幌
名古屋・大阪・福岡
フェムトレーザー・レーシック18万円-
AS(瞳孔の大きい方)、TS(近視が強く角膜が薄い方)、ZDW(不正乱視)、
ファーサイト(遠視・乱視治療)、PTA(副作用等の発生リスク軽減)等プラン選択可能
神戸神奈川アイクリニック
神戸神奈川アイクリニック 東京・札幌・名古屋・大阪
神戸・福岡・横浜・京都
iFS イントラレーシック23.5万円5年間保証
東京近視クリニック
東京近視クリニック 東京(新宿、銀座)・横浜・大阪
プラチナイントラレーシック15.8万円5年間保証
EX500イントラレーシック18.8万円5年間保証

レーシック・屈折異常・術後の副作用・眼の検査などの基礎事項

レーシックとは
レーシックについて
レーシック・イントラレーシックの手術概要・流れ、角膜厚によっては手術ができないケースなど
初診検査について
初診検査でわかること
角膜屈折度検査、角膜形状解析などによって、現在の目の状況や手術の可否がわかります。
副作用・合併症を知ろう
副作用・合併症・失敗について
術後のドライアイ、ハロ、夜間視力低下などの副作用や合併症、レーシック失敗に関することなど。
屈折異常を学ぶ
近視・遠視・乱視は治ります
正常な眼とは?屈折性近視・軸性近視・遠視・乱視など、屈折異常についての基礎知識。
フラップ生成時のレーザーは2種類
角膜のふたを作るレーザー
角膜のフラップ生成に利用するレーザーの種類と特徴。採用クリニック。
近視の程度(度数)を計る
進化した!強度近視の治療技術
強度近視は、ドクターの執刀技術や医療機器の高度利用によって矯正できるようになりました。
角膜を削る医療器具
屈折異常を矯正するレーザー
手術の精度・結果に深く関係する、
エキシマレーザーの種類やしくみ。
採用クリニックなど。
ウェーブフロントレーザー
角膜の歪みを解消する技術
ウェーブフロント技術で、オーダーメイドレーシックが可能に!検査機器の種類や採用クリニックの紹介
Copyright © 2008-2013 レーシック|視力回復手術の体験談 All rights Reserved.