レーシックに失敗したら?後遺症は??

主人にも承諾を得て、レーシック手術を受けられることになった喜びもつかの間、
今度は不安感や恐怖心がでてきました。

タイムリーなことに週刊誌を読んでいたら、
レーシック手術でうまくいかなかった人の話が載っていたりして、
ますます落ち着きません。

こんな時役に立つのはやっぱりインターネット。

とりあえず「レーシック」「レーシック体験談」と検索して、
出てくるホームページを片っ端から読んでいきました。
当初最も心配していたのは「失明はありえるの?」でした。

「手術を受けて失明・・・」なんて最悪のシナリオです(^-^;;

もし失明したら、子供の世話もできないし、車にも乗れなくなるし、
主人に離婚されちゃうかも、など最悪のことを想像してしまいましたが、
レーシック手術を行っている医療機関のホームページを見ると、

「これまでに世界で、日本国内で、そして当院においても、
レーシックが原因で失明したという報告や事例はありません。」
とのこと。

まあ、治療を行っている医療機関が自ら「失敗して失明した例があります」
なんて書かないとは思いますが、とは言っても万が一そういう患者がいれば、
ここまではっきりと「失明しません」とは書けないんじゃないかな?、とも感じました。

開き直り(笑)

確かに冷静に考えれば、レーシック手術は
「角膜の表面をごくわずかに削って屈折異常を矯正して、
ピントをきちんと合わせて見えるようにするもの」です。

物を見る際に重要なのは光を感じる網膜の方なので、
角膜の削り具合に多少問題があっても、失明にまでは至らないだろう、
と半ば強制的に自分を納得させました(笑)。

「失明することがなければ、後はどんな合併症や後遺症があるのかな?」
と思いいろいろ検索しましたが、どれも手術後に一時的に生じる不具合や、
視力回復の度合いが個人個人によって差があるというものがほとんどでした。

手術に伴う様々な問題は、「まあ、手術なんだから、100%はあり得ないよね」
と割り切り、それよりもいかに信頼できそうな医療機関を選び出し、
手術成功の可能性をアップさせるかについて検討した方が良さそうだと、
自分の中の気持ちを切り替えていきました。

インターネット上には有名なレーシック専門眼科や、
中小の眼科クリニックがいろいろありますので、
「どこに自分の眼を託すのか」を決める時期が来ていました。

決断したら早いものです。^^; 

Copyright © 2008-2013 レーシック|視力回復手術の体験談 All rights Reserved.