友達が次々と視力回復!?

「レーザー手術によって近視が治る」というのは、
以前から何となく耳にしていたので、そういう治療が可能なのは知っていました。

でも、自分で視力矯正手術を受けようとまでは思えませんでした。

レーシックに失敗するのが怖いとかではなく、何か自分とは関係のない話、
そう、遠い外国の話でも聞いているような感じと言ったらいいのでしょうか?

コンタクトレンズにも慣れていたし、
ワンデーアキュビューのつけ心地の良さも気に入っていたので、
現状の生活を変える必要も感じてなかったのだと思います。

そんな状態のまま何年間かが過ぎて行きました。
しかし、変化が起き始めたのは、今からちょうど3年前くらいです。

息子が通う幼稚園で仲良くなったママ友達が、
突然レーシック手術を受けたのです。

しかも経過がとっても良く、すぐに裸眼でよく見えるようになったのを、
身近なところで体験した人が数人もいたのです。

主人への相談

「やってみたい!」と思って、
すぐにレーシック手術を受けてしまう彼女の行動力にも驚きましたが、
それ以上に手術の仕上がりの良さが印象的でした。

正直、うらやましかったです。

そこで、レーシックなる視力回復のことを主人にしてみました。
どんな反応が返ってくるかな~、とドキドキしていましたが、
案の定「やめておけ」という返事・・・。

「取り返しのつかないことになったらどうする?目は替えがないんだぞ!」といわれて、
「そんなの分かってるけどさぁ・・・」とそれ以上切り返せませんでした。。。

Copyright © 2008-2013 レーシック|視力回復手術の体験談 All rights Reserved.