近視だったころの自分を振り返って

まず始めに、近視だったころの自分を振り返ってみたいと思います。

私の視力が下がり始めたのは、中学生になってからです。
決して勉強ばかりしていたわけではありません(^-^;;

最近は近視も遺伝傾向があるなんて話も聞きますから、
近視だった父親の影響があったのかもしれませんね。

近視をお持ちの皆さん同様、私の近視も年々進んできました。
最終的には0.1も見えず、何とか視力を測定してもらうと0.03でした。
もちろん眼鏡かコンタクトレンズなしには生活できない状態です。

まず眼鏡ですが、私って本当に眼鏡が合わないんですよ~。
まあ、眼鏡をかけた自分の顔もいやなんですが、
それ以上に長くかけると必ずでてくる「頭痛」が嫌でしたね。

普通の人は全然問題なく眼鏡をかけられるようですが、
「頭痛=眼鏡はイヤ」という無意識への刷り込みができてしまいました。

頭痛の原因は、眼鏡を必要としない今となっては
解明することができなくなってしまいましたけど、
もしかしたら左右の耳の位置が微妙にアンバランスで
眼鏡が水平にかけられないことが災いしていたかもしれません。

何もかもが負担のコンタクトレンズ

というわけで、私は眼鏡をすることはほとんどなく、
もっぱらコンタクトレンズに頼った生活をしていました。

コンタクトレンズの仕様は、PWR-5.50(近視用凹型レンズ)です。

ワンデーアキュビュー
(モイストではありません)利用者だったので、
コンタクトレンズにかかる費用は毎月5,600円。

眼科の診察が1回につき1,500円程度でしたから、
年に換算すると、
トータルで7万円を超えていました。

これが5年、6年と続くと・・・。

費用の面での負担はもちろんですが、
コンタクトレンズをしていた時は気がつきませんでしたが、
裸眼で生活できるようになった現在では、
「結構コンタクトって面倒くさかったんだな~」と思います。

思い出せるものを、いくつか紹介してみます。

Copyright © 2008-2013 レーシック|視力回復手術の体験談 All rights Reserved.