これからどうなる?

レーシック手術の術後に考えられる合併症には、

  • 「ドライアイ(眼の乾きや、異物感を感じる症状)」
  • 「ハロ・グレア(共に暗いところで光が眩しく感じる現象)」
  • 「不正乱視(角膜自体に凹凸がある乱視)」
  • 「フラップのトラブル(角膜の表面を薄く削ったことによってできるフタの不良」
  • 「一時的な緑内障」

などがあります。

私の場合は「ドライアイ」、「ハロ・グレア」がでました。
結構つらかったのは「ドライアイ」の方ですね。

品川近視クリニックから術後の点眼薬として、5種類をいただいてあったので、
ちょくちょく点眼していたのですが、1週間はかなり頻繁に使いました。

術後の点眼薬

  • リンデロン0.1%点眼液(炎症を抑える)
  • ベガモックス0.5%点眼液(細菌感染を治す)
  • ヒアレインミニ0.3%点眼液(人工の涙液)
  • ティアバランス0.1%点眼液(角膜保護)
  • ベノキシール(麻酔薬)

麻酔薬であるベノキシールは、あまり使用しないようにと注意されましたが、
術後3日目までは右目だけは痛みが強かったため、使い切ってしまうほどでした。

しかし、不思議なことに、1週間もすると点眼したいほどの痛みもほとんど無くなり、
ちょどそのころから「ハロ・グレア」も軽減していきました。

私の場合の副作用は、一般的に見受けられる症状らしく、
点眼薬を適切に使うと個人差はあるものの、
3ヶ月をピークに徐々に解消されるようです。

レーシック手術後にはいくつか注意事項がありますので、
参考までにそれらも書いておきますね。

Copyright © 2008-2013 レーシック|視力回復手術の体験談 All rights Reserved.