視力0.03が1.2に!

北海道札幌市 Yさん 女性 20才代 OL

【眼鏡の使用歴:10年】
【スポーツなどの趣味:テニス】

苦痛を感じた眼鏡生活

わたしは、コンタクトレンズがゴロゴロしてどうしても辛く、
メガネも似合わなかったので、ずっと前からレーシックを検討していました。

眼鏡では、まつげがぶつかってしまうし、何しろ朝起きたとき、
メガネをつけるまでが不安でした。

起きて第一声にはメガネ、メガネ…。
コンセントが眼鏡に見えてしまい、引っ張ってしまったことも、よくあります。

それで、最近テレビや雑誌などでも特集されていて、
以前のような100万近くの金額では無くなり、かなり安価になったことや、
周りの人が受けたという話をよく聞くようになったというのもあり
メガネ生活から離脱できるならと思い切りました。

まず適応検査に

まず、自分の眼が手術が出来るかどうか、事前の検査に行きました。
正直、自分では眼が悪いと感じていたので、「手術ができません。」
と、言われたらどうしようと、検査時間中はドキドキでした。

景色が見える機械を3台ほど測り、他にも色々調べられました。
角膜の厚さを測るとき、沁みる目薬を注されたあと、
眼に直接、棒のようなもので触られた時は、怖くて強く眼を閉じてしまい、
「手術もこんな感じかな。」と擬似体験したような感じでした。

術式はイントラレーッシク

さて、無事検査も「手術可能」と判断され、ついに手術に挑みました。
わたしが受けたのは「イントラレーッシク」というもので何でも最新の手術だそうです。

手術日当日、朝8時過ぎくらいに行くと、
ナントすでに10名近くは手術待ちで待合室におり、
「こんなにも眼が悪い人がいるのか」と少しホッとしました。

手術前に、検査と診察を済ませ、順番に手術室に呼ばれていきました。
最初は、角膜をレーザーで切る手術で、
器具を眼に押し当てられ眼球を押される感じがちょっと苦しかったです。
でも、すぐ終わりました。

その後、また何分か待たされ別のベットに横にさせられました。
今度は、「点滅をみてください」と言われ、じーっっとみていたら、
ビビビビビッという音とともに何秒間か少し焼けたニオイがし、
両眼ともあっというまに終わりました。

その後、何時間かソファーに眼をつぶったまま座らされ、
何度か眼を開けてみましたが、劇的に眼が見えるのが実感しました。(感激!!!)

しかし、あまり眼を開けていると看護婦さんに怒られている人がいたので、
しっかり眼を閉じていることにしました。

ちょっと恥ずかしいゴーグル・・

その後、ゴーグルのようなメガネをかけなければいけないのは
正直スゴク嫌でしたが、外に出たときのまぶしさと
この何時間か前の自分の眼とは全然違うと感動したのは今でもハッキリ覚えています。

目薬も1ヶ月ほどさせば、あとは普通の生活となんら変わらないし、
快適に過ごしています。

わたしは、手術前の視力があまりにも悪かったので感動もひとしおでしたが、
軽い近視の方はまずはリスクも色々勉強してからがいいかとも思います。

医師からのリスクの話もされますので、
それでも「やる価値あり!」と判断されるなら、わたしはおススメします。

レーシック手術 ビフォー・アフター

レーシック手術前 レーシック手術後
視力(右) 0.03 視力(右) 1.2
視力(左) 0.04 視力(右) 1.2

管理人より

Yさんがレーシックに踏み切れたのは、
手術費用が安価になり、周囲に体験した人がいて、
情報が豊富にあったことが理由の一つになっているようです。

たしかに、一昔前の視力回復手術は、片目で50万円近くかかっていましたし、
レーザー治療も無かったですから、現在のレーシックの技術、費用を比べると、
かなりリスクが低くなっていますね。

Yさん、貴重な体験談情報、ありがとうございました。

錦糸眼科をもっと知りたい

Copyright © 2008-2013 レーシック|視力回復手術の体験談 All rights Reserved.