私たちは錦糸眼科を選びました

経済評論家 【勝間和代さん】のレーシック体験談

私は、左目が強度の近視、右目が中強度の近視で、コンタクトやメガネなしではまったく、日常生活を送れませんでした。それが、身の回りのレーシック手術経験者、複数の人(親友2人、事業パートナー1人)の強い勧めで、レーシックを受けることに。
手術は、あっけないほど、簡単でした。

検査にまず数時間、レーシックの可否と、どこまで削るかを決めます。
その後、手術日を決めて、点眼して待っていて、手術室でフラップをというのを作る作業が数分、そして少し休憩して、レーザー照射がまた数分。以上で、終わりです。(中略)

当日の手術直後はさすがに少し痛みがありましたが、涙の目薬をさせばひく程度、
夜にはもう、日常生活を送ることができていました。
一晩たった今日も、ふつうにアエラの対談の仕事をして、サキヨミにも出てきました。

掲載元:勝間和代公式ブログ: 私的なことがらを記録しよう!!
イントラレーシックを受けました
レーシックを行うと、メガネが楽しくなる不思議さ!!

こんな有名人もレーシックを体験してます

トップアスリート 鈴木 桂治 さん(柔道家)
塚原 直貴 さん(陸上選手)
高津 臣吾 さん(元プロ野球投手)
尾崎 健夫 さん(プロゴルファー)
市原 建彦 さん(プロゴルファー)
山岸 大 さん(レーシングドライバー)
島田 暁夫 さん(プロビリヤードプレイヤー)
芸能人・文化人 松嶋 尚美 さん(タレント「オセロ」)
鳩山 太郎 さん(衆議院議員 鳩山邦夫秘書)
豊口めぐみ さん(声優)
有村 昆 さん(パーソナリティー)
阿藤 快 さん(俳優)
武宮 正樹 さん(囲碁棋士10段)

錦糸眼科をもっと知りたい

Copyright © 2008-2013 レーシック|視力回復手術の体験談 All rights Reserved.