初診検査でわかること

レーシックの初診では、いろいろな検査が行われます。
現在の視力状況、近視度数、乱視度数、手術後の副作用、合併症、
また、メリットばかりではなく手術のデメリットなど、起こりえる可能性のあることについての説明を詳しくしてくれます。
 
 

検査後の診察では、専門医が手術する場合の角膜切除量、最適な術式の違いや最適手法の提案、現在用いているレーシック用の器具、手術後のアドバイスなど、こと細かい診察が行われます。
もちろん、ここでの質疑応答もあります。

以下に、レーシック初診で行う検査の概要(品川近視クリニック)などを紹介します。

角膜屈折度検査

角膜の屈折率を測る検査。
近視、遠視、乱視がどの程度あるのか、角膜のカーブ状態をみます。
角膜のカーブ(角膜局率半径)と乱視の程度は、「オートケラトメータ」で計測します。

オートレフケラトメーター

◆屈折値の測定
◆角膜径、瞳孔径の測定
◆瞳孔間距離測定
◆角膜曲率半径。

角膜形状解析

TMS(角膜形状屈折力解析装置)

TMS(角膜形状屈折力解析装置)を使って、角膜の形を測ります。角膜の屈折力の分布をコンピューターで解析し、カラーマップにします。角膜の形状、屈折力を把握することができ、角膜の乱視の有無や特徴を調べます。

角膜内皮細胞撮影

「スペキュラーマイクロスコープ」で角膜の細胞の数やその配列を検査します。
同時に角膜の厚さも計測します。

スペキュラーマイクロスコープ

◆角膜内皮細胞測定
◆オート解析+マニュアル解析
◆非接触型の角膜厚の同時測定

眼圧検査

ノンコンタクトトノメーター

「ノンコンタクトトノメーター」により、眼の硬さを測る検査です。
空気を吹きつけて測定することで、角膜に触れずに眼圧を測ります。
◆左右両眼をフルオート測定する眼圧計
◆短時間で検査を終了させることができ、
被験者の負担を最小限にします。

視力検査

視力検査器

レーシックにおいては、
視力検査時に正確な検査結果を出すことが重要視されます。

角膜形状画像解析

OPDスキャン

眼の屈折状態の測定と角膜形状の解析を「OPDスキャン」で行います。
OPDスキャンは、従来の機器よりも
眼の形状変化をより精密に測定できます。

スリットスキャン式角膜形状解析

ORBスキャン

角膜の前後面の形状表示、解析を「ORBスキャン」によって行います。
角膜の前面、後面ならびに角膜厚の分布等に関する情報を検出できます。

コントラストグレアテスト

コントラストグレアテスター

「コントラストグレアテスター」によって、角膜屈折矯正手術後の経過観察に、視機能低下によるコントラスト感度とグレアー感度を相対的に検査することができます。

散瞳後屈折度検査

「オートレフケラトメーター」で近視、遠視、乱視がどの程度あるのか、
角膜のカーブの状態をみます。

オートレフケラトメーター

◆屈折値の測定
◆角膜径、瞳孔径の測定
◆瞳孔間距離測定
◆角膜曲率半径

波面収差検査

ウェーブフロントアナライザー

「ウェーブフロントアナライザー」でレンズで
矯正できない微妙な眼の歪みを検出します。

角膜厚測定

超音波で角膜の接触検査をおこないます。

診察

質疑応答が終わり、全ての初診検査が終わると専門医による診察を行います。
角膜、水晶体、虹彩、硝子体、結膜の状態、網膜の状態など、
眼に異常がないかを詳しく診察します。

初診検査にかかる時間

初診検査ではあまりにも数が多過ぎて、
いくつ検査を受けたか分からなくなってしまうほどでしたが、
こうして整理してみると、長時間にわたったことが納得。^^;

私の場合は、事前にいろいろと調べていきましたので、質疑応答時間は数分でした。
それを含めて約3時間かかりました。質疑が長引くともっとかかるでしょうね^^;

でも、大切な眼の手術を任せるわけですから、
念には念を入れた検査や診察は必要なことですし、
安心感とか先生への信頼感も生まれます。

初診検査では、事前の予備知識が少しでもあれば、
不安や疑問への解決が早まると思います。

無料適応検査ができるクリニック

医院名 店舗地区 公式HP
新宿近視クリニック 東京(新宿・銀座)
横浜(高島)・大阪(北新地)
品川近視クリニック 東京(有楽町)・札幌(札幌駅直結)
名古屋(名駅)・大阪(梅田)・福岡(天神)
神戸神奈川アイクリニック 東京(新宿)・横浜(北幸)・名古屋(錦)
札幌(南1西4)・大阪(梅田)・神戸(三宮)
北九州(小倉)・福岡(天神)

レーシック・屈折異常・術後の副作用・眼の検査などの基礎事項

レーシックとは
レーシックについて
レーシック・イントラレーシックの手術概要・流れ、角膜厚によっては手術ができないケースなど
初診検査について
初診検査でわかること
角膜屈折度検査、角膜形状解析などによって、現在の目の状況や手術の可否がわかります。
副作用・合併症を知ろう
副作用・合併症・失敗について
術後のドライアイ、ハロ、夜間視力低下などの副作用や合併症、レーシック失敗に関することなど。
屈折異常を学ぶ
近視・遠視・乱視は治ります
正常な眼とは?屈折性近視・軸性近視・遠視・乱視など、屈折異常についての基礎知識。
フラップ生成時のレーザーは2種類
角膜のふたを作るレーザー
角膜のフラップ生成に利用するレーザーの種類と特徴。採用クリニック。
近視の程度(度数)を計る
進化した!強度近視の治療技術
強度近視は、ドクターの執刀技術や医療機器の高度利用によって矯正できるようになりました。
角膜を削る医療器具
屈折異常を矯正するレーザー
手術の精度・結果に深く関係する、
エキシマレーザーの種類やしくみ。
採用クリニックなど。
ウェーブフロントレーザー
角膜の歪みを解消する技術
ウェーブフロント技術で、オーダーメイドレーシックが可能に!検査機器の種類や採用クリニックの紹介
Copyright © 2008-2013 レーシック|視力回復手術の体験談 All rights Reserved.