広島の○○眼科クリニックにて

M氏 男性 30才代

【眼鏡の使用歴:不詳】

Epi(エピ)レーシックの手術を広島の某○○眼科クリニックで受けたのですが、
半年後に両目とも白濁になり他院を数か所回り、結局、上皮角膜混濁症と診断されました。

手術前の適性検査では特に問題が無く、事前に受けたレーシックについての説明も理解した上で決断したから、自己責任といえば自己責任だけど。。。

術後、視力が回復しないことや合併症といったことは説明を受けたけど、
その後のケアとして何らフォローもなく、あげく担当の女医に言われたのが

「見えにくいですか」
「コンタクトをつければ見えるようになりますよ」
といった言葉のみ。

それでも医者を信用して、○○眼科クリニックで用意したコンタクトを装着したら、
目が開けられないくらい痛みがあり、さすがに見切りをつけて他院へ…。

レーシック手術はろくなことはありません。

レーシック手術 ビフォー・アフター

レーシック手術前 レーシック手術後
視力(右) 0.02 視力(右) 0.1
視力(左) 0.03 視力(左) 0.03

管理人より

あらら・・・。大変な目にあわれましたね。。。
クリニックの名前は伏せさせて頂きますね。

担当の女医に言われたのが
「見えにくいですか」
「コンタクトをつければ見えるようになりますよ」
って、、、意味不明の説明ですよね。

何のためにレーシックを受けたのか。。。
なんだかかわいそうで言葉もありません。

上皮角膜混濁症と診断されて、他院へいった後はどのような治療をされて、
どのような経過をたどっているのか、その後の様子が気になるところです。。

レーシックは、やり直しがきくケースもあるといわれていますので、
優良クリニックで再診してみてはどうでしょうか。

Mさん、思い出したくもないであろう体験談、ありがとうございました。

Copyright © 2008-2013 レーシック|視力回復手術の体験談 All rights Reserved.