エキシマレーザーとは

レーザーと聞くと、何かもの凄いエネルギーを持った光線のように感じます。
ウルトラマンやウルトラセブンが発射する”あの光線”のような。。(汗)

レーシックに利用される『エキシマレーザー』は、
特殊なガスに高電圧を与えて発生させるレーザー光で、
医療に利用するのに適した特徴を持ち合わせています。

  • 分子に衝突すると、その分子をはじき飛ばした後消滅する
  • 発生する衝撃波や熱がほとんど出ない
  • 目標とする分子以外には影響を与えない

レーシックでも威力を発揮

こうした特徴を持っているため、医療分野で広く積極的に活用されています。
また、レーシック治療においては、

  • レーザーが当たった角膜の分子のみを削ることができる
  • 非常に弱いエネルギーなので、角膜への照射後は消えて消滅する
  • 角膜より先に進んでいけないため、網膜・水晶に傷を付けない

という面からも、エキシマレーザーによる屈折矯正術は、安全であるといえます。

エキシマレーザーの種類

日本国内の大手近視クリニックが採用しているエキシマレーザーは、
「高性能」「最高品質」「最先端技術」「最高級」「最新機能」など、
ハイスペックであることが強調されています。

角膜を自動で追尾するシステムが当たり前

レーシックでは、眼球が極力動かないようにと、固定して手術が行われますが、
意に反して、どうしても僅かながらキョロキョロと動いてしまいます。
レーザーが的確に照射されなければ、最大の成果を得られません。

最新のエキシマレーザーは、こうした僅かな眼の動きに対しても、
自動的に追尾していくシステム(アイトラッカー)が装備されています。

これを『アイトラッキング機能』といいますが、
このシステムは最新のエキシマレーザーであれば、
装備されているのが普通になっています。

ここまで高性能化すると、車で例えれば、
フェラーリーかカローラかという選択ではなく、ベンツかBMWかの世界です。
つまり、どのエキシマレーザーで矯正しても、良い結果になるということです。

実際には、術式や目標視力は『適応検査』によって決められますから、
素人がスペックがどうのこうのといっても仕方ありませんので、
ここでは、現在主力となっている機種やメーカーについて触れておきます。

製造メーカー 機種 発売時期 厚労省
FDA
Alcon社(米国)
EX500
2011年 申請中(厚)
Schwind社(ドイツ)
AMARIS/750S
2010年 未認可
Technolas社(ドイツ)
↑かなり優秀

Technolas217P/Z100
2009年 認可
WaveLight社(ドイツ)
Allegretto/Eye-Q
Blue Line
2005年 認可
AMO社(米国)
VISX STAR S4 IR
2005年 認可

※FDA(米国食料医薬品局)は医薬品や医療機器の認可を行う公的機関

エキシマレーザー装置の採用状況と術式

現在レーシックの主流となっている術式、
「イントラレーシック」「アイレーシック」「Zレーシック」における
各エキシマレーザー装置の採用医院という視点で分けてみました。

機種 採用医院 術式
Technolas217P/Z100 錦糸眼科 レーシック・イントラレーシック
EX500 SBC新宿近視(横浜院) イントラレーシック
東京近視クリニック
VISX STAR S4 IR 神戸神奈川アイクリニック レーシック・イントラレーシック
アイレーシック
SBC新宿近視クリニック アイレーシック
錦糸眼科(札幌院) イントラレーシック
Allegretto/Eye-Q
Blue Line
SBC新宿近視クリニック イントラレーシック
品川近視クリニック
東京近視クリニック Zレーシック
AMARIS/750S 品川近視クリニック Zレーシック

さて、エキシマレーザーの機種や採用している大手の医院で分けてみましたが、
この表自体には、まったく意味がございません(笑) 強いていえば、、

同じ術式でもクリニックによって違うレーザー装置を利用している。
術式が違っても、同じレーザー装置が利用されていることもある。
アイレーシックのエキシマレーザーは、ビジックスStar S4IRを利用する(?)

ということです。以上。。。

オーダーメイドのレーシック

レーシックの本来の目的は、「レーザーを照射して屈折異常を矯正する手術」です。
ところが、エキシマレーザーの進化によって、角膜の歪みを解消して、
より”クッキリはっきり”と見えるようにできるのが、最新のレーシックです。

角膜の歪みを解消するWave-front(ウェーブフロント)技術

レーシック・屈折異常・術後の副作用・眼の検査などの基礎事項

レーシックとは
レーシックについて
レーシック・イントラレーシックの手術概要・流れ、角膜厚によっては手術ができないケースなど
初診検査について
初診検査でわかること
角膜屈折度検査、角膜形状解析などによって、現在の目の状況や手術の可否がわかります。
副作用・合併症を知ろう
副作用・合併症・失敗について
術後のドライアイ、ハロ、夜間視力低下などの副作用や合併症、レーシック失敗に関することなど。
屈折異常を学ぶ
近視・遠視・乱視は治ります
正常な眼とは?屈折性近視・軸性近視・遠視・乱視など、屈折異常についての基礎知識。
フラップ生成時のレーザーは2種類
角膜のふたを作るレーザー
角膜のフラップ生成に利用するレーザーの種類と特徴。採用クリニック。
近視の程度(度数)を計る
進化した!強度近視の治療技術
強度近視は、ドクターの執刀技術や医療機器の高度利用によって矯正できるようになりました。
角膜を削る医療器具
屈折異常を矯正するレーザー
手術の精度・結果に深く関係する、
エキシマレーザーの種類やしくみ。
採用クリニックなど。
ウェーブフロントレーザー
角膜の歪みを解消する技術
ウェーブフロント技術で、オーダーメイドレーシックが可能に!検査機器の種類や採用クリニックの紹介
Copyright © 2008-2013 レーシック|視力回復手術の体験談 All rights Reserved.