スーパーイントラレーシックの成果

オーダーメイドのレーシック
  • iLASIK
  • ZDWLASIK
  • ZLASIK
10人に1人の方がレーシック手術を受けられません!?

レーシックを希望する方には、様々な目の事情をお持ちの方がいると思います。

近視、乱視、遠視の方、特に近視や乱視の度数が強い方や左右の視力差が大きい方などは、
裸眼での視力を取り戻したいと考えている方は多いのではないでしょうか?

また、仕事の都合上で眼鏡やコンタクトレンズを利用するのが困難な方、
特にボディーコンタクトが激しい種目のスポーツ選手、
あるいはそのような趣味をお持ちの方にとっても、
レーシックで視力を回復したいと希望する方もいるでしょう。

しかし、そうした目の事情を持ったすべての方が、
レーシック手術を受けられるとは限らないのです。。

意外かもしれませんが、レーシック治療は受けたくても受けられない方が、
10人に1人の割合でいらっしゃいます。

レーシックは、執刀医の技術向上や医療器機の高度化によって、
「完成された術式」であることは事実だと思いますが、
「万能ではない」ということも患者側として知っておかなくてはなりません。

レーシックは、ある意味付加価値を求めて行う手術と言えますから、
とにかく「安全に行える」ということが大前提となります。

そのため眼科専門医による【適応検査】は、
レーシックを行う上での重要なプロセスなのです。

分からないことは医師に聞け!

レーシック治療6万眼以上の実績があり、イントラレーシック・アイレーシック認定指導医である、SBC新宿近視クリニック総括院長の安田先生に、率直に質問してみました。

私のレーシック体験談

これからレーシックを受けようと検討している方へ

私は2007年の12月に品川近視クリニックの「スーパーイントラレーシック」を受けて、
長年の悩みであった近視を改善することができました。

友人や親戚からは近視を手術で治したと言うと、
「よく思い切ったことしたね~」と驚かれますが、
レーシックによる近視矯正はもうすでに「イチかバチか受ける手術」ではありません。

眼科専門医によるしっかりとした理論と長年の経験、
および手術成績を上昇させ、かつ安定させるためのレーザー機器の進歩により、
もはや「一般的に広く普及した手術方法」となっています。

レーシックを受ける前の私は、眼鏡をすることはほとんどなく、
もっぱらコンタクトレンズ(ワンデーアキュビュー)に頼った生活をしていました。

コンタクトは年に4回眼科医へ通って3ヶ月分支給してもらっていましたので、
診察料(1,500円程度)とコンタクトレンズ代金(5,600円/月)を合わせると、
年間のコストは7万円以上です。それを6年間続けてきました。

レーシック手術後の現在は、コンタクトレンズ代も必要なければ、
眼科へ行く面倒くささや診察代金もありません。。。
本当にレーシック手術を受けて良かったと実感しています。

このサイトでは、私が経験した素晴らしいレーシック手術の前後の経緯や
心境の変化などもオープンに書いていきますので、
これからレーシック手術を検討している方のご参考になれば幸いです。

イントラレーシックの手術概要

私が体験した品川近視のスーパーイントラレーシックは、
フラップの作成に「イントラレースFS60レーザー」を使用し、
屈折矯正には「アレグレットウェーブアイキューブルーライン」
を使用するという術式でした。

術前の検査結果、手術の概要は以下のとおりです。

イントラレーシック手術概要~私の場合

検査結果など 左眼 右眼
近視度数 -5.00D -6.25D
乱視度数 -1.25D -1.75D
角膜厚 548μm 549μm
フラップ厚 100μm 100μm
角膜切除厚 88μm 109μm
角膜ベット 360μm 340μm
目次:私のレーシック体験談

レーシック・屈折異常・術後の副作用・眼の検査などの基礎事項

レーシックとは
レーシックについて
レーシック・イントラレーシックの手術概要・流れ、角膜厚によっては手術ができないケースなど
初診検査について
初診検査でわかること
角膜屈折度検査、角膜形状解析などによって、現在の目の状況や手術の可否がわかります。
副作用・合併症を知ろう
副作用・合併症・失敗について
術後のドライアイ、ハロ、夜間視力低下などの副作用や合併症、レーシック失敗に関することなど。
屈折異常を学ぶ
近視・遠視・乱視は治ります
正常な眼とは?屈折性近視・軸性近視・遠視・乱視など、屈折異常についての基礎知識。
フラップ生成時のレーザーは2種類
角膜のふたを作るレーザー
角膜のフラップ生成に利用するレーザーの種類と特徴。採用クリニック。
近視の程度(度数)を計る
進化した!強度近視の治療技術
強度近視は、ドクターの執刀技術や医療機器の高度利用によって矯正できるようになりました。
角膜を削る医療器具
屈折異常を矯正するレーザー
手術の精度・結果に深く関係する、
エキシマレーザーの種類やしくみ。
採用クリニックなど。
ウェーブフロントレーザー
角膜の歪みを解消する技術
ウェーブフロント技術で、オーダーメイドレーシックが可能に!検査機器の種類や採用クリニックの紹介
Copyright © 2008-2013 レーシック|視力回復手術の体験談 All rights Reserved.